仏教検定協会とは

私たちが目指しているのは、仏教文化を基盤にした社会貢献です。

この半世紀余り、日本人は物の豊かさを求め懸命に疾走してきました。
その結果、確かに物質の豊かさは実現しました。しかし内面の心はどうでしょう。
生きることに疲れ、悩みを抱えた日本人が増えてしまったのではないでしょうか。
どことなく空虚で、身勝手な自己中心型が増え、そして孤立化し、さまざまな人間関係、家族関係までおかしなものになってしまいました。

仏教検定協会はそんな時代だからこそ、伝統仏教の教えが必要なのではないか。仏教文化を基盤にした社会貢献が求められているのではないか…、そうした切望から生まれました。
約二千五百年前にブッダの肉声から発せられた言葉は、悩み多き現代人に問題解決のヒントを与えてくれます。また、千年以上の歳月に耐えてきた仏教の国宝や文化財を目のあたりにすると、感動とともに言い知れぬ心の安らぎや平静を感じます。
それらを守り育んだブッタの教えや日本古来の伝統・文化の精神は、今、しみじみと私たちの心に染み入ってくるはずです。
こうした心豊かな感情を日本人は、もう一度取り戻す時期なのではないでしょうか。

伝統仏教の講座、イベント等による取り組み

失われつつある日本人のアイデンティティーの再認識 地域コミュニティーの活性化仏教コミュニティーの育成 「心の豊かさ」「生きがい」「達成感」の醸成

『一般社団法人 仏教検定協会』は古代より受け継がれてきた仏教からその良さを学び、失われつつある「人間本来の生き方」や「心のゆとり」を取り戻すことを目的として設立されました。
『仏教検定』という仏教の通信講座を開講し、受講修了者にはカリキュラムの段階に応じて、『仏検アドバイザー3級、2級、1級』の認定資格が授与されます。

仏教検定協会の理念
教材のご紹介

ビジネスモデルのご紹介
協会理事のご紹介