嵯峨嵐山文華館のオープン記念レセプションに参加いたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都の観光名所、嵯峨嵐山の小倉百人一首殿堂「時雨殿」が11月1日より『嵯峨嵐山文華館』と名称を変え、
リニューアルオープンしました。

 

1階は、常設と企画の2つの展示室と、四季を感じられる石庭が望めるカフェとオリジナルグッズを販売するショップが併設されています。

 

そして、圧巻は2階の企画展示室!なんと、120畳の畳ギャラリー。
靴を脱ぎ、畳に座って障子や天窓から入る自然光でゆっくると作品鑑賞ができます。

現在、リニューアルオープン記念として、嵯峨嵐山ゆかりの日本画家、竹内栖鳳の作品をはじめ、与謝蕪村など嵐山に題を取った作品を集めた、第一回企画展を開催中。2019年1月27日まで。

 

文華館前の小道を北進むと、右手に嵐山羅漢、左手に宝厳院を眺め、天龍寺へ。
久しぶりに京都の秋を満喫しました。

石庭に続く冠木門の梁にあるのは、珊瑚だそうです・・・。きれい。

 


お土産にも喜ばれるグッズも充実。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。