アドバンスドコース

【受付準備中】仏画・仏像に学ぶ「国宝・釈迦金棺出現図」

国宝 釈迦金棺出現図

教材・テキスト

国宝・釈迦金棺出現図 (監修 加須屋 誠 京都国立博物館蔵 )

ブッダの入滅の日は、涅槃会として、どの宗派でも重要な行事としてにぎやかにとり行われる。その時の晴れの場を飾る掛図としてこの絵は親しまれている。悟りの境地を描いた傑作は今でも永遠の仏として私たちを見守り続けています。「釈迦金棺出現図」は数々の奇跡を起こし感銘を与える説法を残し、多くの人たちに見守られながら沙羅双樹の下で80才の生涯を終えました。よく知られたブッダの生涯はここまでです。けれども実はまだこの続きがあるのです。

講座概要

ブッダが最後の説法を終え、入滅した時、母の摩耶夫人は天から降りてきて嘆き悲しむ。そんな母を見たブッダが神通力で身を起こし母へ言った説法の内容とは?

募集人数
制限なし
参加対象
どなたでも

受講費用

全て4000円(教材2000円+試験問題2000円)+税(税抜・送料+添削料込み)

*本講座のお支払いは「クレジッカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済」の4つの方法からお選びいただけます。なお、当協会が販売業務委託している同朋舎新社公式ショップにてお支払いただきます。 「申し込む」ボタンをクリックすると、同朋舎新社公式ショップ内のページへ移動しますので、内容をご確認の上、お申し込み(ご注文)ください。
*分割などお支払方法をご希望の方は「お問い合わせ」フォームよりお申込をお願致します。