ICTによる文化・観光資源の利活用、および伝統的宗教都市の活性化に関する共同研究

一般社団法人 仏教検定協会は、慶應義塾大学と共同研究を行うことといたしました。
下記、研究概要となります。

研究概要:

社団法人仏教検定と繋がりをもつ全国の寺院と連携し、観光を軸とした地域活性化や災害等での公共利用などの分野において神社仏閣が地域に果たすべき役割について議論していくとともに、共同してICTによる文化・観光資源の利活用、および伝統的宗教都市の活性化に関する研究を行います。