プライバシーポリシー

制定: 平成26年6月1日
一般社団法人 仏教検定協会
代表理事 石上 善應

 一般社団法人仏教検定協会(以下「当協会」という)は、多くの個人情報を取り扱う法人として、個人情報の安全管理を適切に行うことが社会的責務であると認識しています。当協会では個人情報保護を事業活動の最重要課題のひとつとして位置付け、個人情報保護法の趣旨に則り個人情報の取扱いに細心の注意を払い、社会的責任を果たしてまいります。
当協会では、職員一人一人がこのような共通認識を持ち、下記に定める個人情報保護方針に沿った事業運営に取り組んでまいります。

1. 総則

個人情報の取得にあたっては、その利用目的を明らかにすると共に個人情報の利用について本人の同意を得ます。法令で定められた場合を除き、本人の同意なく利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取り扱いは行いません。また目的外利用を行なわないための措置を講じます。

2. 利用目的

お預かりした個人情報は、教材の発送、教材費・認定料の収受、認定証の発送、受検履歴の管理、各種イベントの通知、および前記の目的達成のための電話・メール・郵便などでの連絡など、仏教検定の実施・遂行のために利用するほか、個人が特定されない形で当協会の運営と質の改善のために使用させていただきます。

3. 保護者からの同意

保護者の同意が必要な方の個人情報の取り扱いについては、特に配慮し保護者の確認などを行います。

4. 第三者提供、委託等

お預かりした個人情報については、本人の同意なく第三者に提供致しません。但し、利用目的等の達成に必要な範囲内で、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合や、合併その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合、個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合はこの限りではありません。

5. 個人情報の開示、訂正、削除等

取得した個人情報について、本人から当該個人情報の開示、訂正、削除、利用停止等の要請および苦情や相談があった場合には、合理的な範囲で速やかに対応いたします。なお、開示等の申出窓口は下記のとおりです。

〒101-0061
東京都千代田区三崎町2-20-4 八木ビル5階

一般社団法人仏教検定協会

TEL.03-6256-8903
FAX.03-6256-8905

E-mail:info@bukkyokentei.com

以上

6. 個人情報のセキュリティ対策

お預かりした個人情報を厳格に管理すると共に、不正アクセスの防止、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩に対し、適切な予防ならびに是正策を講じます。
また、個人情報保護に関する教育・研修を継続的に行い、職員の意識の向上と啓蒙に努めます。

以上

協会理念

「 仏教を知り、体感する 」

ブッダの知恵や仏教の教え・文化を正しく伝え、
そして日々の日常生活を幸せに生きる知恵を学べる機会を提供します。

仏教は2500年前、インドでブッダが悟りを開いたことから始まりました。その教えは風化することなく、現在まで継承されています。 そして、日本の有史以来の歴史は、仏教とともにありました。聖徳太子の十七条の憲法にはじまり、仏教を国教とした国づくりによって、様々な文化が生み出され、日本人のアイデンティティは形成されていきました。 しかし、現代の日本は、仏教の教えが継承されているとは言いがたい状況です。家族・友人・地域との断絶、貧富の二極化、「自分さえよければそれでいい」というものの考え方…。様々な問題が生じています。 特に、戦後生まれの世代が社会の中心となった現在、日本の伝統文化との断絶が顕著です。 現代の日本人は、日本の宗教的伝統とは何か、もう一度見直し、古代より受け継いできた仏教を、ただ過去の遺産として残すのではなく、仏教の良さを学び、自らの精神的支柱としなければなりません。 そのために、仏教検定協会は、日本の宗教的伝統をわかりやすく、親しみやすい教材や講座を開発し、1000年以上前から日本に伝わる、国宝・重要文化財を使って、仏教の面白さが十二分に理解でき、多くの方たちに関心を持っていただける機会を提供します。

協会概要

名称

一般社団法人仏教検定協会
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2丁目20番4号 八木ビル5階

設立

2014年5月29日

事業内容

1.仏教文化に関する普及啓発・活動
2.仏教文化に関する調査及び研究
3.仏教文化に関する知識育成検定試験の企画・実施
4.前各号に関する情報発信、関連書籍の出版物の企画・発行
5.その他各号に掲げる事業に付帯または関連する事業

       

事務局

       

 事務局長 / 尾山 恒道  事務局 / 菊池 萌花 

理事及び監事順序不同

・代表理事 / 石上 善應
大正大学名誉教授、淑徳短期大学前学長、浄土宗総合研究所元所長

・理  事 / 今田 達
教王護国寺東寺総代、西本願寺参与、同朋舎新社代表

・理  事 / 武 覚超
日中韓国際仏教交流協議会理事長、天台宗勧学、叡山学院教授、水間寺貫主

・理  事 / 佐々木 恵精
国際仏教文化協会理事長、前浄土真宗本願寺派総合研究所長

・理  事 / 廣澤 隆之
大正大学名誉教授(前副学長)、真言宗智山派伝法院前院長、川崎大師教学研究所教授、智山勧学会理事長

・理  事 / 中野 東禅
南無の会副総務、仏教伝道協会監事、曹洞宗総合研究センター教化研修部門講師

・理  事 / 鄭 賦(智廣阿闍梨)
シンガポール一乗顕密佛教中心の終身名誉会長と指導上師

・理  事 / 今井 浄圓
種智院大学教授、大本山中山寺執行長、善通寺教学振興会研究員、龍谷大学兼任講師

・監  事 / 竹川 敏夫
一般社団法人仏教検定協会

仏教検定とは

仏教検定では、仏教を「実生活に活かせる知恵」として習得できる分かりやすい実践コースをはじめ、 仏教美術や経典などより専門的に学べるコースや座禅・修行や鑑賞などの体験を通じて学ぶコースを用意し、仏教の教えや文化を幅広く学んでいただける内容となっています。

ベーシックコース

ブッダの教えはむつかしくありません。ブッダのさとりは日常をどう生きるか追求して得たもので皆様の日常の暮らしに役立つものばかりです。ブッダは約7年悩み苦しんだ後菩提樹の木に座して「座」と「瞑想」で解決しさとりを開きました。その肉声を学ぶことで私たちが直面している悩みや、ストレス、苦しみを和らげることができるはずです。ブッダは普通の人々にわかる言葉で語ってくれています。

詳しく見る

ベーシックコースⅡ

仏教の基礎的な知識を学んでいただけるコースです。仏教の祖であるブッダがどのような人生を歩み悟りに至ったのか、仏教が発祥の地インドからどのように各地に広まったのか、そして、日本に伝来した後に仏教を根付かせたのは誰なのか、この3つの視点で学べる中級者向けの内容です。また他では見られない貴重な写真資料を多用した教材です。

詳しく見る

アドバンスドコース

「仏教」に関するあらゆる分野を学べる様々な教材を用意しています。興味のある講座を自由に選択して受講できるコースです。教材は今後、随時追加予定です。

一覧を見る

【受付準備中】経典・文書(真蹟)に学ぶ「図説 観経十六観変相図」

変相図は、浄土に憧れる人びとを導く観想の修行を実践する場で崇拝され、修行や実践に使われたものです。先人がどのように浄土を感得し、悟りに至ったかを学び、その道のりを追体験することが出来ます。 ...
詳細を見る

【受付準備中】経典・文書(真蹟)に学ぶ「図説 良寛方丈の遺墨」

曹洞宗の傑出した僧侶でありながら、名声を求めず、ものを持たず、小欲知足の生き方の中で、漢詩や和歌、書を愛し、人びとの心のなかに生きた名僧。現代の人々が憧れる人生を貫いた、書の達人の12点に良寛研究の第一人者による解説書付。 ...
詳細を見る

【受付準備中】経典・文書(真蹟)に学ぶ「図説 筆で辿る弘法大師の生涯」

弘法大師の足跡を国宝に残されている真蹟12通の手紙や文書でその生涯思想を紐解きます。若き日の出家宣言、入唐、宿縁の惠果との出会い、帰朝、真言宗の立教などなど、その時々の手紙や文書を集成した貴重な作品集です。 ...
詳細を見る

【受付準備中】経典・文書(真蹟)に学ぶ「図解 法華経」

現世安穏、後生善処を説く、ブッダの教えのエッセンスの集大成として、天台宗、日蓮宗、禅宗の基本経典を。 ...
詳細を見る

【受付準備中】経典・文書(真蹟)に学ぶ「図説 親鸞聖人のお手紙」

現存する御真筆のすべて。人間親鸞の悩み、困難などを自身の言葉で綴った手紙。素直に語りかける信心こそ法話、宗祖の知らない一面が綴られている。 ...
詳細を見る

会員メニューのご案内

「仏教を学び仏教文化を楽しむ会(仮)」
会員限定メニューをご用意します!

当協会の講座を学んでいただいた方にもっと仏教の世界や文化を楽しんでいただける特典盛り沢山の会員限定メニューを準備しております!!

情報は随時HPやTwitter/Facebook等で発信しますので、乞うご期待!!!