Kentei2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仏教を広めるため、戒律を授ける僧侶として鑑真を迎えます。間違っているのはどれでしょう。



玄奘三蔵は、仏教への様々な疑問を解決しようと、インドに向い、17年をかけて多数の経論を持ち帰り、帰国後は長安で経典の翻訳にあたり、1347巻もの中国式の経典を完成させ、その後の仏教お伝播に大きく貢献しました。◯✖️のどちらでしょう。



江戸時代、禅宗の一つ「黄檗宗」が伝えられました。正しいのはどれでしょう。

徳川幕府は仏教を政治に取り込むため、法制度を整えました。間違っているのはどれでしょう。



第1回結集の100年後、教団の戒律を緩めるか否かを問う会議、第二結集が開かれました。十事を呼ばれる内容を巡って意見が保守派と革新派とに分れる(A)と呼ばれる分裂が生じ、さらに様々な分裂となって20部派に分れる枝末分裂をもたらし、教団は部派仏教の時代に入ります。(A)に入る正しいものはどれでしょう。





中国から伝えられた真言密教では、「曼荼羅」と呼ばれる尊像を図像化した掛図を瞑想修行に用い、手と指で印契(いんげい)を結び、口で真言(マントラ)をとなえて生身のまま最高の境地の成仏に達することができると説くことに特徴があります。◯✖️のどちらでしょう。



中国の禅はインドから来た菩提達磨が始祖とされ、少林寺で9年間壁に向かって坐禅して悟りを開いたといわれています。中国の禅宗はその後隆盛を迎え、五家七宗と呼ばれます。五家の内、臨済宗、曹洞宗はとりわけ栄えた宗派です。◯✖️のどちらでしょう。

鎌倉幕府の保護を受けた五山に様々な人々が集まり、仏教を源とする文化が生まれます。間違っているのはどれでしょう。



シッダッタが弱肉強色の世界を目の当たりにし、この世の生きる意味を自らに問いかけたきっかけのうち、正しいものはどれでしょう。




名前、Eメールアドレスを入力し、回答を提出ボタンを押してください。



名前 Emailアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。