Kentei3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブッダは釈迦族の浄飯王(じょうぼんおう)の子どもとしてこの世に生をうけます。間違っているのどれでしょう。




凄まじい苦行を続けても修行は無意味ではないかと気づき、苦行をやめて托鉢(たくはつ)に出かけ、スジャータという名の娘から乳粥の施しを受け、気力や体力を回復します。その後、尼連禅河(にれんぜんが)の菩提樹の下で瞑想に入ります。間違っているのはどれでしょう。


古代インドでは、生前の行いによって次に生まれる先が決まるとされていました。ブッダは善い行いを積んでいたので前世は天界の兜率天におれらました。降兜率で間違っているのはどれですか。




ブッダは妻、耶蘚陀羅(やしょだら)妃と一子を残し、聖人の道を目指すべく城を抜けだします。間違っているのはどれでしょう。




ブッダは様々な呼び名で伝えられています。間違っているのはどれでしょう。*この問題では、教材に合わせてブッダとしています。




2500年前仏教を開いたブッダとはどのような人だったでしょう?また、仏教はどのように生まれ、広まっていったのでしょう。当時のブッダの姿はレリーフや遺跡に残されました。それら彫刻や絵によって、80年のブッダの障害を辿る物語と教えが作られます。一般にブッダの生涯は八つの重大事相と呼ばれる「釈迦八相図」で説かれます。八相図について正しいのはどれでしょう。




瞑想を続けたブッダは悪魔たちの誘惑に打ち勝ち、ついに求めていた答え辿り着きます。間違っているのはどれでしょう。




ブッダの生涯の八つの出来事、八相図で間違っているのはどれでしょう。




兜率天(とそつてん)から母親の摩耶夫人のもとに白象となってやって来たブッダは人として生を受けます。その時の様子で間違っているのはどれでしょう。





名前、Eメールアドレスを入力し、回答を提出ボタンを押してください。



名前 Emailアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。