Test

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日々、人とのつき合いの中で大切なことは気づきの力だとブッダは説いています。何故でしょう。正しいのはどれでしょう。



人間関係において、他人のことは良く見えても自分のことはつい忘れ、他人に強く要求することがあります。ブッダの説く「おかげさま」の視点を忘れないとはどういうことでしょうか。



人間関係において、他人のことは良く見えても自分のことはつい忘れ、他人に強く要求することがあります。ブッダの説く「おかげさま」の視点を忘れないとはどういうことでしょうか。



ブッダが説いた煩悩について、正しいのはどれでしょう。



ブッダは大切な財産を失わないため悪友と交わらないよう注意した。悪友ではない人はどのような人でしょう。



「悪いことをしない」という自制心が心の清らかさを取り戻します。正しいのはどれでしょう。



ブッダは人間関係を円滑に保つため、6つの心得(六方礼経)を説きました。間違っているのはどれでしょう。



ブッダが親切な友として説いた中で、間違っているのはどれでしょう。



恨みの連鎖を止めるにはどうしたらよいでしょう。



人間関係の信頼のもととなる「人格の清らかさ」を汚すものに次の四不穢業(しふえごう)があります。不殺生、不偸盗、不邪婬と、もう一つはなんでしょう。



自分に打ち勝つとはどういうことでしょう。



時としてわがままを引き起こす「暴れる心」を打ち伏せるにはどうしたらよいでしょう。



怒りは一瞬で多くの善い評判を壊し、人の信用を失います。なぜブッダは「怒りに打ち勝て」と言ったのでしょう。



どんな人生だと価値があると言えるでしょうか。正しいのどれでしょう




名前 Emailアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

test

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。